東京信用金庫のいちおしサービス

東京信用金庫の信託業務

東京信用金庫はしんきん信託銀行と三井住友信託銀行の代理店として各金融機関の信託業務を行っています。年金信託、土地信託、特定贈与信託、遺言関連業務などを取扱っており、様々な信託商品が利用できます。信託というと専門的で難しいイメージがありますが、不動産の運用や遺言書の作成、遺産相続などがスムーズに行える金融商品のことです。富裕層や高齢者が自身の資産の管理・運用を一括で委任する利用目的で取引することが多いです。

東京信用金庫はあくまでも代理店であるため、しんきん信託銀行や三井住友信託銀行と直接取引を行うこともできます。しかし東京信用金庫を介して信託業務を利用するメリットもあります。たとえば使い慣れた店舗窓口で信託業務を利用できるということです。各信託銀行で直接取引を行うためには、各信託銀行に口座開設したりして一から取引を行う必要があります。東京信用金庫で信託業務を利用すれば、わざわざ金融機関を変えることなく各信託銀行の専門的な金融サービスが受けられるのです。

ただし東京信用金庫が代理で販売しているのは信託商品だけなので、各信託銀行が取扱う預金商品やローン商品は利用できないというデメリットがあります。とくに三井住友信託銀行では複数の高金利定期預金を提供していますが、それらの申込み手続きを行うには三井住友信託銀行に口座開設して直接取引しなければいけません。

三井住友信託銀行では不動産や土地の売買・運用などの不動産取引に力を入れています。そのためより専門的かつ積極的に土地や不動産を運用したい場合、東京信用金庫で土地信託を利用するよりも三井住友信託銀行で直接契約するほうが効果的です。不動産を投資目的で売買する場合も、三井住友信託銀行ならばより細かいサポートを受けられます。