吉備信用金庫の豊富なシニア向けサービス

吉備信用金庫の個人向け信託商品

吉備信用金庫は年金定期預金や年金受給者専用フリーローンなど、高齢者向けの金融商品を積極的に提供していますが、相続関連商品も充実させています。信金中央金庫の信託契約代理店として個人向け信託商品の販売を開始しており、高齢者の資産運用や資金調達だけでなく、相続のサポートも行っているのです。高齢化社会の影響で信託商品の需要は年々高まっており、各金融機関は遺言信託や遺産整理業務、資産承継プランニングを提供して、遺言書の管理や相続手続きをサポートしています。専門家に相続関連の相談を行えるような相談会を開催するケースも増えています。

吉備信用金庫が提供する個人向け信託商品は、しんきん相続信託としんきん暦年信託の2種類です。どちらも高齢者の相続に関する信託商品で、資産を安全に運用または管理することができます。信託期間が最長30年と長いため、将来に備えて事前に契約しておくケースが多いです。長期間に渡ってまとまった金額を取引する金融商品の場合は保証内容が重要ですが、しんきん相続信託としんきん暦年信託はどちらも元本保証かつ預金保険制度の対象なので、安心して運用することができます。

しんきん相続信託はまとまった金額を信託契約しておき、年金のように分割して受け取ったり、家族に相続させたりできる信託商品です。通常の年金や相続と違って受取方法や受取金額を細かく指定できるのが特徴で、老後の過ごし方や家族の事情に合わせて受取内容を決めることができます。一方で一旦契約すると受取内容の変更がほとんど不可能になってしまうリスクがあるため、吉備信用金庫の店舗窓口でよく相談してから申込みましょう。契約者だけでなく、受取人である家族も一緒に相談すると安心です。

しんきん暦年信託は生前贈与のための信託商品です。生前贈与は相続税の負担を軽減できるメリットがあり、昨今注目が集まっています。しんきん暦年信託では贈与する相手と贈与金額を自由に設定することができ、必要手続きや贈与の実行もサポートしているため、自力で生前贈与するよりも確実かつ簡単です。ただし贈与に特化しているため、しんきん相続信託と違って契約者本人が資金を受け取ることができません。自身の生活資金や将来設計をしっかり確保した上で契約しましょう。