吉備信用金庫の豊富なシニア向けサービス

吉備信用金庫の定期積金

信用金庫や地方銀行のような地域金融機関は高齢の利用者が多いため、シニア向けの金融商品が多い傾向にあります。吉備信用金庫も利用者の中に高齢者が多く、シニア向けサービスを積極的に展開しています。とくに顕著なのが年金受給者向けのサービスで、吉備信用金庫の預金口座を年金受取口座に指定している利用者に対して優遇特典を提供しています。

吉備信用金庫のふれあい積金は、そんな年金受給者向けサービスの一つです。いわゆる定期積金の一種で、定期的に掛金を払い込んで満期日に預入総額と利息を受け取る商品です。吉備信用金庫で年金を受け取っている利用者しか契約できない一方、通常のスーパー積金に比べて適用金利が高いというメリットがあります。吉備信用金庫のスーパー積金は定期預金よりも店頭表示金利が高いのですが、ふれあい積金はそのスーパー積金よりもお得なのです。ただし適用金利が高くなるのは目標額を100万円以上に設定した場合だけなので、注意が必要です。

ふれあい積金は通常の定期積金と違って、掛金を隔月で払い込めるという点もポイントです。公的年金の振込が隔月で行われるため、ふれあい積金もそれに合わせて隔月となっているのです。そのため年金しか収入がない利用者でも、積立による資金形成を行うことができます。昨今は高齢者が生活資金の工面を目的に金融商品を利用するケースが増えており、NISAやリバースモーゲージなどの人気商品も続々と登場していますが、ふれあい積金での資金形成はとくに簡単です。

一般的に定期積金は掛金の払い込みが遅延したり、中途解約するとペナルティーが発生します。そのためペナルティーを気にせず自由に資産運用したい場合は、吉備信用金庫の年金貯蓄預金のほうがオススメです。年金貯蓄預金はふれあい積金と違って自由に入出金できるため、払い込みのタイミングや解約を気にせず利用できるのです。預金残高10万円以上だと適用金利が上がるという特徴があるため、利息も効率良く稼ぐことができます。ただし、他の預金商品に比べて金利上乗せサービスや優遇特典付きキャンペーンの対象になりにくいというデメリットを留意しておきましょう。