目黒信用金庫が力を入れているサービス

目黒信用金庫の住宅ローン

住宅ローンの契約先としてはメガバンクや信託銀行、地方銀行が人気ですが、目黒信用金庫を始めとする全国の信用金庫も相談窓口が充実しているなどのメリットがあって人気があります。実際に目黒信用金庫の個人向け融資商品の中で、最も貸出金残高が多いのは住宅ローンとなっています。1契約ごとの融資額が多いというのもありますが、住宅購入や新築の際に住宅ローンを契約する利用者が多いため、貸出金残高が多くなりやすいのです。

目黒信用金庫の「安心住宅」という住宅ローンは、変動金利と固定金利選択型の2種類から金利タイプを選べるのが特徴です。住宅ローンの金利タイプは他にも全期間固定型という種類がありますが、住宅金融支援機構の実態調査によると変動金利と固定金利選択型のほうが人気が高く、目黒信用金庫もその2種類に特化しているのです。とくに変動金利は市場金利と連動して適用金利が上下するため、返済期間中に適用金利が下がることを期待して変動金利を選択する利用者が少なくありません。

賃貸住宅ローンという商品は、賃貸経営のための物件取得費用を借りられる住宅ローンで、アパートやマンション、貸しビルなどの新築または購入に利用できます。昨今は家賃収入を継続的に得られるということで賃貸経営に注目が集まっていますが、通常の住宅ローンは賃貸経営ではなく住居用物件の資金調達しかできないので、賃貸住宅ローンの需要が高まっているのです。一方で通常の住宅ローンと違って賃貸物件の収益力などが審査基準となるため、事前に賃貸物件や経営プランを念入りに決める必要があります。

住宅ローン利用者の多くは、適用金利や手数料を目安に契約する住宅ローンを選んでいます。そのため金利優遇サービスや手数料割引サービスが充実した住宅ローンの人気が高い傾向にあります。目黒信用金庫でいうと、「大黒柱」という住宅ローンが取引実績に応じて適用金利が引き下げられるためオススメです。取引実績に応じて適用金利を引き下げるサービスは多くの金融機関が提供するメジャーなもので、一般的には給与振込や定期預金、クレジットカードなどを契約していると適用金利が引き下げられます。