西武信用金庫の徹底した顧客支援

西武信用金庫のコンサルティング機能

西武信用金庫は事業支援、街づくり支援、資産形成や管理支援という3種類の支援活動を行っています。3種類の支援活動は総称して「お客さま支援センター」と呼ばれており、西武信用金庫が掲げるブティック型総合コンサルティング機能の象徴となっています。一般的な金融機関はサービスの一部としてコンサルティング業務を行っていますが、西武信用金庫はコンサルティング機能に特化したビジネスモデルを掲げているという点が特徴的です。

西武信用金庫の事業支援の内容は多岐に渡ります。ビジネスマッチングや交流会といった王道のサポートはもちろん、専門家派遣や認定支援のサポートなども行っており、様々な支援メニューの中から顧客に合うものを選択して実行しています。西武信用金庫内で課題解決ができないときも、1000を超える連携先の中から適切な専門機関や専門家に取り次ぐことで、確実に支援を実行しています。

西武信用金庫の街づくり支援は、地域活性化や社会貢献を目的としています。具体的には、事業者に資金を供給して地域経済を活性化させたり、創業や事業承継を支援して継続的に地域社会を潤したりという活動を行っています。とくに資金供給のサービスが充実しており、融資商品や助成金、応援資金の提供を行っています。資金の提供先は様々ですが、コミュニティビジネスを行う中小企業やNPO団体に対して積極的に資金提供する傾向にあります。

資産形成や管理支援は、個人利用者に対する支援活動です。昨今は堅実に資産を管理して将来に備える個人利用者が増える傾向にあり、西武信用金庫でもそういったニーズに合わせて金融商品を提供しているのです。とくに顕著なのは高齢化社会を見据えたサービス拡充で、年金関連商品やリバースモーゲージを取扱って高齢者に対するコンサルティング機能を強化しています。信託会社や保険会社とも積極的に連携しており、遺言信託や生命保険など様々な形の資産管理に対応しています。